• <td id="sm1ta"><ruby id="sm1ta"></ruby></td>

        <track id="sm1ta"></track>
        <acronym id="sm1ta"><strong id="sm1ta"></strong></acronym>
        1. 日語畢業論文

          日語是一門普通高等學校本科專業,屬外國語言文學類專業,基本修業年限為四年,授予文學學士學位。該專業學科基礎包括外國語言學、外國文學、翻譯學、國別與區域研究、比較文學與跨文化研究,具有跨學科特點。還可與其他相關專業結合,形成復合型專業,以適應社會發展的需要。日語畢業論文要目的是培養學生綜合運用所學知識和技能,理論聯系實際,獨立分析,解決實際問題的能力,使學生得到從事本專業工作和進行相關的基本訓練。

          日語畢業論文1

            一、日語專業畢業論文開題報告

            二、題目:日本固有のものの中國語訳について

            三、題目來源:真實 □、 自擬 ■ (二選一)

            四、結業方式:設計 □、 論文 ■ (二選一)

            五、主要內容:

            本課題實際上主要研究的是漢語中一些來源于日本的外來詞。對這些外來詞進行分類研究,并就外來詞中翻譯的不準確,有異議的地方提出自己的翻譯建議。來源于日語的外來詞很多,有的是純粹來源于日本本民族文化的外來詞,像“歌舞伎”“壽司”“榻榻米”等。有的是詞源來源于西方,經由日本翻譯,后被中國采用的外來詞,像“民主”,“科學”“大本營”等。如果統統作以分類研究的話,一來工作量繁重,二來枝杈太多,難下定論。作以本課題只就前一種情況,即來源于日本本民族的外來詞為研究對象,對其翻譯方法以及翻譯中涉及的文化因素進行探討。本文大體上擬分為以下五部分。

            第一部分為破題部分,即說明此課題的研究范圍和前提。主要是對來源于日語的外來詞作以歸類,并指明本課題的研究方向。

            第二部分是本文的核心部分,從直譯和和意譯兩方面的外來詞分別舉例分析?偨Y適用于直譯和意譯的一些規律。通過具體例子,指明意譯中一些翻譯不恰當,有歧義的地方,提出自己的改進意見。

            第三部分將就翻譯中還需要說明和考慮的一些其他問題作以探討。眾所周知,文字是文化的載體,翻譯與文化有著密不可分的關系。所以本部分將從三章論述。第一,中日兩國對于外來語的不同態度。第二,中日語匯間的復雜關系。第三,外來語的引入對于文化間的交流和對本民族文化的沖擊。

            第四部分,對一些外來詞的進行有趣的比較。如“日本料理”和“日本菜”,“章魚燒”和“章魚丸子”,“刺身”和“生魚片”等。

            第五部分為該課題的總結及展望,外來詞的吸收不僅需要翻譯技術的硬件支持,還需要中日兩國人民的相互認識和了解的加深。

            PS:任務書就主要內容和參考文獻部分需要自己寫,其他地方都差不多。

            1先行研究

            1.1日本國內における研究

            日本では、多くの學者は日本語と中國語の対照研究ついて論文を書いててきた。例えば大河內康憲編の『日本語と中國語の対照研究論文集』では、日本語と中國語の同形語について深く研究を進んだとのである。また、遠藤紹徳は「日本語における漢語語彙及び中國語の同形語彙との比較」という論文も発表しいた。外來語の面では、那須雅之は「外來語の受容と消化?吸収」では、外來語をめぐって自分の見解を述べていた。前述の論文はほとんど言語の相違點の比較を著目し、外來語の訳し方について別に言及していない。中國における日本語から外來語の訳名についての研究は日本にはまだないようだ。だから、本論文は主に中國國內の書物を參考資料として適當な中國語の訳し方を探索しようと考えている。

            1.2中國における研究

            2研究の背景と意義

            2.1研究の背景

            先生はいつも日本語専門である私たちに日本語の辭書で単語を調べるようにと要求している。なぜというと、中國語訳はいくら詳しくても、やはり加工されて本來の意味を損失せずに伝達できないからである。とくに「鳥居」「障子」「落語」のような日本文化の中に固有のものに対して、それらと対応するものは中國にないので適當な名稱をつけるのがありえないわけである。だから、よく似ていて、中國人に理解しやすいものを探し出して中國語訳とする傾向がある。そうすると、間違いなく誤解を生みがちだろう。日本語専門である私たちさえも定著された中國語訳に拘り、絶対正しいと確信しいるが、日本語が全然わからない普通の中國人にとって誤解している程度がさらにはなはだしいだろう。日本語を勉強したことがなければ、そういう問題に平気であるが、気がついたらそれは翻訳の問題だけでなく、翻訳の裏に根付いた文化の問題である。したがって、本論文を通して、中國の方々に日本から外來語を紹介する上で、その一部分の外來語を対象として中國語訳の規律を探索し、ずれがある中國語訳に対して自分の參考意見を提出するつもりである。

            2.2研究の意義

            周知のように、言語は文化の上著である。文化を割りて単なる言語を研究してはいけない。いくら完璧な訳名であっても、他國の文化に無関心の人にとっては無意味だろう。本論文の研究を通じて、多くの人々に日本語から外來語を紹介したいだけでなく、純粋な日本の文化を知っていただきたいのだ。さらに、一層深く両國國民の相互理解を促進しようと希望している。

            3研究の方法、內容と予期目的

            3.1研究の方法

            辭典と參考文獻とアンケートと三つの方式を合わせて研究を進むつもりである。まず、日本から外來語を紹介する文獻や論文など収集し、本論文の研究対象をターゲットする。次に、數多くの外來語を分類し、比較した後、自分の參考意見を出す。この段階ではで辭書が欠かせないものである!感旅鹘庹Z國語辭典」と「広辭苑(第五版)」と《現代漢語詞典(第五版)》は手元に常備して、調べながらずれがある中國語訳を探し出す。最後に、日本語専門の學生や日本語の先生を対象としてアンケートを行い、皆様のご意見を求める。その結果を結論の一部分として卒論とともに提出する予定である。

            3.2研究の內容

            はじめに

            3.2.1 本論文のテーマの説明

            3.2.1.1 日本から外來語の概観とまとめ

            3.2.1.2 本論文の研究対象について

            3.2.2 問題提出と參考意見

            3.2.2.1 直訳の場合

            3.2.2.1.1 理想的な中國語訳について

            3.2.2.1.2 ずれがある中國語訳について

            3.2.2.1.3 自分の推論と參考意見

            3.2.2.2 音訳の場合

            3.2.2.2.1 理想的な中國語訳について

            3.2.2.2.2 ずれがある中國語訳について

            3.2.2.2.3 自分の推論と參考意見

            3.2.3 外來語をめぐる諸問題

            3.2.3.1 中日両國は外來語に対する違う態度

            3.2.3.2 中國の漢字と日本の漢字との複雑な関係

            3.2.3.3 外來語の受容と消化および本民族言語への影響

            3.2.4 さまざまな中國語訳の比較 終わりに

            3.3予期目的

            ままを認識することができないに違いない。本論文はその問題點を切り口として外來語の訳名を研究し、參考になる意見を提出しようと考えている。この意味では、中日両國の相互理解と世々代々友好にもとても有意義なことだろう。

            參考文獻

           。1] 郭建中 《文化與翻譯》 中國對外翻譯出版社 1999

           。2] 李文 《日本文化在中國的傳播與影響(1972-20xx)》 中國社會科學院出版社 20xx.9

           。3] 梁榮若 《中日文化交流史》 商務印書館出版 1985

           。4] 王曉秋 《近代中日文化交流史》 1992.9

           。5] 史有為 《外來詞:異文化的使者》 上海辭書出版

           。6] 劉正談 高明凱 《漢語外來語詞典》 上海辭書出版社

           。7] 陶振孝 《文化翻譯的課題》《日語學習與研究》20xx.第2期

           。8] 崔崟 《進入中國的「和製漢語」 》《日語學習與研究》20xx.第6期

           。9] 王鳴 《日本外來語輸入的歷史考察》《日語學習與研究》20xx.第3期

           。10] 《現代漢語詞典(第五版)》 商務印書館

           。11] 陳亦文 《日本語から來た現代中國語の外來語》《日本學論業Ⅵ》 北京日本學研究中心

           。12] 『新明解國語辭典』第五版 三省堂

           。13] 『広辭苑』(第五版) 新村出 巖波書店

          日語畢業論文2

            本論文をまとめるにあたりまし、指導教官の晉學新先生にいろいろご指導とご支持をいただき、また、日本語學部のほかの先生よりいろいろご助言をいただくとに心よりお禮申し上げま。

            資料収集やコピーの面でご協力くださった日本語科の先生方、友人達に感謝の意を表したいと存ま。

            卒業論文を書く途中、私の知識の足りなさに悩んでいる時にクラスメートと家族に勵ましいただきまし、で合わせ感謝申し上げま。

            また、晉學新先生のご指導のおかげで、四年生のときから、まめに勉強る習慣を身につけ、大學院の入學試験を受けるとを決めました。再び心より感謝いたしたいと存ま。

            の卒業論文は私の研究活動のはめで、今後っと勉強し、その問題についさらに研究しいきたいと存ま。

          日語畢業論文3

            の論文ができあがるまでの道程を振り返っみると、改め、私を支えくれた人々のとを思い出。

            本論文を執筆るのは私だけであったが、數多くの人々の手助けがなけれ完成できなかったと思う。ま何より、私の論文指導教員である恩師の○ ○○先生に深く感謝しなけれならない。

            それから私の在學しいる○○大學の○○の諸先生がいつ勵ましくださったと、私には大きな力となった。論文書類作成などで教務課の先生にいろいろお世話になった。諸先生にお禮を申し上げたいと思う。

            最後にいつ私を支えくれた両親に感謝の念を捧げなけれならないと思う。

          亚洲精品无码